韓経:韓国、全国民が接種しても余るほどのワクチン確保…SKバイオは「韓国産ワクチン」輸出

  • 2021年2月17日

韓国政府が新型コロナウイルスワクチン2300万人分を追加で確保し全体導入量を7900万人分に増やした。ワクチン供給会社であるSKバイオサイエンスは東南アジアの5カ国ほどに米ノババックスの新型コロナウイルスワクチンを販売・流通する契約も獲得するものと見込まれる。全国民が摂取しても余りあるほどの新型コロナウイルスワクチンを確保したのに続き、輸出にも乗り出せる韓国の新型コロナウイルスワクチンの位置付けが高まった格好だ。

疾病管理庁は16日、米ファイザーと独ビオンテックが開発した新型コロナウイルスワクチン300万人分とノババックスのワクチン2000万人分を追加で確保したと発表した。ファイザーのワクチンは7-9月期に予定された供給開始時期を来月末に繰り上げる。満65歳以上の高齢者に対するアストラゼネカのワクチン接種を保留した余波で上半期に高齢者に摂取するワクチン確保量が大幅に減ったのに伴ったものだ。

韓国政府は昨年12月にファイザーのワクチン1000万人分購入契約を締結した。今回300万人分が追加され韓国が調達するファイザーワクチンは1300万人分になった。このうち350万人分の供給時期は当初の7-9月期から上半期に繰り上げる。来月末に50万人分の供給を受け、4-6月期に300万人分を持ってくる。疾病管理庁は「ファイザーのワクチンは4月から接種できるだろう」と説明した。

疾病管理庁はこの日ノババックスのワクチン2000万人分に対しても購入契約を締結した。ただ供給主体はSKバイオサイエンスだ。この会社が韓国のワクチン生産と流通、販売権に対する導入契約をノババックスと結んだためだ。ノババックスのワクチンは早ければ5月から接種できる見通しだ。

SKバイオサイエンスは東南アジアの5カ国ほどに「韓国産ワクチン」を輸出する契約を推進している。ノババックスと別途の生産・流通契約を推進しているのに伴ったものだ。会社関係者は「慶尚北道安東(キョンサンブクド・アンドン)の工場で年間5億ドースを生産できるだけに輸出に特別な問題はないだろう」とした。

東南アジアのどの国にどれだけ供給するかはまだ決まっていない。SKバイオサイエンスは来年以降も新型コロナウイルスワクチンに対する国内販売・流通の権利を独占的に持つ。新型コロナウイルス流行が終息しない限り着実に収益を出せるという話だ。

業界関係者は「SKバイオサイエンスはノババックスなどグローバルバイオベンチャーが独自の生産工場を置かず研究開発にだけ集中するという点を狙い素早く生産契約を獲得した。おかげで韓国は安定的に新型コロナウイルスワクチンを確保した『ワクチン主権国家』になった」と話した。