韓経:中国産の韓国軍監視カメラ、ハッキング用悪性コード見つかる

  • 2020年11月27日

中国企業が韓国軍に納品した監視装備から軍事機密を抜き出すことができる悪性コードが発見された。幸い、この監視装備は実際には運用されていない。軍装備管理問題で境界地域の監視動向などセキュリティー関連データが流出するおそれがあったという指摘が出ている。

国会国防委員会所属の河泰慶(ハ・テギョン)国民の力議員が26日に国防部から受けた資料によると、安保支援司令部は最近、中国企業が韓国軍に215台納品した海岸警戒などに使用する監視カメラに、軍事機密を取り出せる悪性コードがある事実を摘発した。この悪性コードは「バックドア」(セキュリティー認証なくシステムに無断接近する通路)を通じて多数の別の悪性コードを流布するサイトに連結された。悪性コードを分析した結果、サーバーは中国北京にあることが把握された。この装備は境界隣接地域などに設置が完了したが、まだ運用されていないという。

河議員は「運用中の軍監視装備を緊急全数調査する必要がある」と強調した。国防部は「監視装備ネットワークはすべて内部のネットワークで構成されていてハッキングの心配はほとんどない」と説明した。