日本会社員の年末ボーナス、24年ぶり最大伸び率

  • 2014年12月23日

日本企業の冬のボーナスが24年ぶりの高い伸び率となったと、日本経済新聞が22日報じた。

同紙によると、全体産業の1人あたりのボーナス支給額は77万5194円(税込み)と、昨年の冬に比べ5.5%増えた。2年連続の増加で、24年ぶりの伸び率。

製造業は前年同期比6.9%増の81万9805円で、17業種のうち15業種が前年比で増えた。ただ、支給額は直前の最高だった2007年冬の84万5497円には達しなかった。非製造業は64万7791円と、0.6%増にとどまった。

業種別には新日鉄(34.1%)、JFEスチール(25.0%)などの鉄鋼業が前年同期比27.8%増え、最大の伸び率となった。トヨタ、ホンダなど自動車・自動車部品(7.8%)、機械(7.8%)業種なども大幅に増加した。

同紙は「円安による実績改善を背景に企業がボーナス支給額を増やした」とし、個人消費の改善にプラスの影響を与えると予想した。