韓経:「北朝鮮の崔善姫第1外務次官、3カ月間の強制労役後に復帰」

  • 2020年10月28日

北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官

対米交渉実務を担当していた北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官がこの3カ月間に革命化教育(強制労役)を受け、今月初めに復権したと、北朝鮮専門メディアのデイリーNLが27日報じた。崔善姫次官は7月に対米非難談話を発表した後、公式的な席から姿を消していた。

デイリーNKによると、崔善姫次官は7月から3カ月間、平壌(ピョンヤン)兄弟山(ヒョンジェサン)区域にある協同農場で労役をした。この協同農場は中央党の幹部に配給される穀物や野菜を栽培するところだ。

崔善姫次官が強制労役に動員された理由は、直属関係である李善権(イ・ソングォン)外相との不和ためという。今年初め、対南強硬派の李善権氏が外相に任命された後、崔善姫次官との葛藤が続き、この競争構図の中で崔善姫次官に革命化教育の処罰が下されたという分析だ。北朝鮮外務省のトップ2人の葛藤構図が今後、対米政策にどのような影響を及ぼすかに関心が集まっている。