LINE、新CEOを選任…韓日越えてグローバル事業強化

  • 2014年12月24日

ネイバーの日本子会社でモバイルメッセンジャーLINEを運営するLINE株式会社が、出澤剛最高運営責任者(COO)を新しい最高経営責任者(CEO)に内定した。出澤COOはその間、LINEのグローバル事業を総括してきた。今後はさまざまなプラットホームサービスを拡大していくと予想される。

LINE株式会社は22日、取締役会を開き、来年3月に任期を終える森川亮CEOの後任に出澤COOを内定した。出澤COOは今年4月から森川CEOとともにLINE株式会社の共同代表を務めてきた。森川CEOが来年3月に退任すれば、その後は出澤単独代表体制に変わる。森川CEOは顧問として残り、会社の経営を支える予定だ。

LINE株式会社は4月から経営と事業総括を分担する代表取締役2人体制を導入した。森川CEOは経営と対外活動を担当し、出澤COOはLINEをはじめとする事業全般を指揮した。出澤COOが事業を総括する間、LINEは日本を越えてグローバル市場に進出し、使用者の「ライフプラットホーム」に成長したという評価を受けた。

LINEは最近、メッセンジャーを越え、さまざまな分野に事業領域を拡張している。モバイル決済・送金サービス「LINE Pay」を先週出したのが代表例だ。韓国と中国を除いたLINEサービス中のすべての地域でLINE Pay事業を始めた。先月末にはフードデリバリーサービス「LINE WOW」も東京で始めた。LINE株式会社の関係者は「LINE WOWは東京渋谷区を対象にサービスを始めたが、反応がよく、港区まで拡大した」とし「加盟店の数を増やしていく計画」と述べた。またLINEはタクシー3300台を保有する日本交通と提携し、東京でモバイルコールタクシーサービスも始める予定だ。