韓経:<韓国公務員襲撃死亡>韓国大統領府、北朝鮮に追加・共同調査を要求

  • 2020年9月28日

青瓦台(チョンワデ、大統領府)が27日、小延坪島(ソヨンピョンド)付近の海上で行方不明になった公務員イ氏殺害事件に関連して北朝鮮側に追加・共同調査を求めた。与党でも徹底した真相究明に向けた韓国と北朝鮮の共同調査の必要性を繰り返し強調し、北朝鮮が受け入れるかどうかに注目が集まっている。

青瓦台はこの日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領主宰の安保関係長官会議を開いて「北朝鮮の迅速な謝罪と再発防止約束を肯定的に評価する」として「南と北がそれぞれ把握した事件の経緯と事実関係に違いがあるので早急な真相究明に向けた共同調査を求める」と明らかにした。

共同調査を機に南北間疎通ルートの復元に対する意志も表わした。ソ・ジュソク青瓦台国家安保室第1次長はこの日、記者会見で「南北間疎通と協議、情報交換のために軍事通信線の復旧と再稼働を求める」と強調した。

遺体の収拾が最優先だとして北朝鮮とともに中国にも協力を呼びかけた。ソ次長は「北方限界線(NLL)付近の海域で操業中である中国漁船もあるので中国当局と中国漁船にも遺体と遺留品の収拾に協力することを求める」と話した。

与党要人も先を争って共同調査の必要性を強調している。共に民主党の李洛淵(イ・ナギョン)代表はこの日、SNSに文章を投稿して「南北が共同で調査しようという韓国政府の提案を北朝鮮が迅速に受け入れることを促す」と明らかにした。

だが、ほとんどの専門家は追加調査と前例のない南北共同調査いずれも簡単ではないと分析した。新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)防疫を最優先にしている北朝鮮で韓国要人と接触できる調査に応じる可能性が大きくないためだ。また、北朝鮮はその間共同調査の要請に応じたことがない。2008年7月金剛山(クムガンサン)でパク・ワンジャ氏殺害事件が発生した時も政府は北朝鮮に現場訪問を許容することを求めたが拒否された。

この日、国会のレベルで対北朝鮮糾弾決議案を採択する方針は与野党院内代表間会合が反故になって白紙化した。