原油価格下落でも…新型ソナタハイブリッド人気

  • 2014年12月29日

現代車の新型ソナタハイブリッド

現代自動車の新型ソナタハイブリッドが発売1週間で販売台数が1000台を超え、旋風を起こしている。最近の原油価格下落でハイブリッドカーの人気が低下しているのとは対照的だ。

現代自動車は16日に発売された新型ソナタハイブリッドの累積契約台数を営業日数を基準に8日間(26日現在)で計1174台と28日、明らかにした。2011年に登場した第1世代ソナタハイブリッドが発売後の同じ期間に686台売れたのに比べると70%ほど多い。現代車の関係者は「発売当時の月平均販売目標は1500台だった」とし「新車効果を考慮しても初期の反応が非常によい」と話した。

新型ソナタハイブリッドの人気の背景は16インチタイヤ基準で18.2キロの燃費に、来年から環境部の補助金100万ウォンが始まるためという分析だ。

現代車は来年1年間に1万8000台を販売し、国内ハイブリッド車市場の大衆化をリードする計画だ。ソナタ基盤のプラグインハイブリッドと準中型級ハイブリッド専用モデルまで発売し、ハイブリッド自動車市場を拡大していくことにした。