韓経:ソニー、売りもしない電気自動車公開した理由

  • 2020年7月29日

ソニーが27日に次世代電気自動車の試作車「VISION-S」を日本で初めて公開した。1月に開かれた世界最大の家電見本市「CES2020」で公開したモデルだ。

ソニーは開発した電気自動車を量産する計画がない。売りもしない電気自動車を作ったのは自動車用センサー技術をアピールするためだと日本メディアは分析した。ソニーはモバイル機器と保安カメラ用イメージセンサー分野では世界市場を席巻したが、自動車用センサーのシェアは8.6%で3位にとどまる。

ソニーのセンサー事業売り上げのうち自動車用センサーの割合は4%水準だ。今後これを30%まで増やすという目標を立てた。これに向けたプロジェクトがVISION-Sだ。ソニーのセンサー技術を誇示するためVISION-Sには33個のセンサーが使われた。各座席に360度方向から音響が流れるスピーカーを内蔵するなどソニーの別の主力事業であるエンターテインメント技術も動員された。