韓経:韓国消費者院「ユニクロの機能性Tシャツ、抗菌性不足」

  • 2020年7月16日

韓国消費者院が機能性インナーウェア(Tシャツ)7製品を対象に品質評価を行った結果、ユニクロ製品の坑菌性能が均一でないことが分かった。安全性、吸水性などでは性能に大きな差がないということが明らかになった。

15日、消費者院はDAIZの「オールシーズン男T半袖第1号(EMARN0115)」、BYCの「ボディドライクールUネックT#1」、SPAOの「クルーネック半袖ソリッド」、8Secondsの「クルーネック半袖」、ユニクロの「エアリズムクルーネックT」と「エアリズムコットンクルーネックT」、TOP10の「クルーネック半袖」などの機能性インナーウェア7つの品質評価結果を発表した。すべての製品が安全性基準を満たし、吸水性も優秀だった。乾燥速度ではDAIZ・ユニクロ・TOP10の製品が優れた。

ただし、一部の製品は坑菌性能が一定でないことが分かった。ユニクロの「エアリズムクルーネックT」は坑菌性能があると表示・広告を出しているが、個別製品によって性能の差が大きく洗濯後には抗菌性が落ちることが明らかになった。ユニクロは消費者院の勧告を受け入れて該当製品の交換、または払い戻しに出る予定だ。