韓経:新型コロナにも営業利益8兆ウォン…「怪力」のサムスン電子

  • 2020年7月8日

サムスン電子が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の衝撃にもかかわらず4-6月期に8兆ウォン(約7000憶円)以上の営業利益をおさめた。市場推定値より1兆5000億ウォン多い「アーニングサプライズ」だ。サムスン電子が「怪力」に近い収益創出力を誇示したという評価が出ている。

サムスン電子は4-6月期に売り上げ52兆ウォン、営業利益8兆1000億ウォンの実績(暫定)を記録したと7日、発表した。営業利益は前年同期より22.7%、前四半期に比べては25.6%増えた。営業利益率は15.6%で、2018年10-12月期(24.2%)以降最も高かった。売り上げは昨年4-6月期より7.4%、前四半期に比べて6.0%減った。

立役者は半導体部門だ。全体の3分の2に当たる5兆4000億ウォン前後の営業利益をおさめて下支えとなった。専門家は新型肺炎で在宅勤務、オンライン授業などが拡大してサーバー・PC会社などがメモリー半導体の購入を増やした影響が大きかったと分析した。

スマートフォンが主力であるIM(IT&モバイル)部門とテレビおよび生活家電を販売するCE(消費者家電)部門もそれぞれ1兆7000億ウォン、4500億ウォン水準の営業利益を記録したとみられる。ディスプレイ部門は契約物量を購入することができなかった顧客会社から9000億ウォン相当の補償金が入って力を加えた。

7-9月期の実績にも関心が高まっている。金融情報会社エフアンドガイドによると、サムスン電子の7-9月期の売り上げのコンセンサスは60兆8071億ウォン、営業利益は9兆5427億ウォンだ。7-9月期のコンセンサスには4-6月期の実績に反映されたディスプレイ部門の一回性利益が含まれ、実際の営業利益は4-6月期と類似した実績となる可能性が大きい。新型肺炎が再拡散するかどうかが変数になる。