韓国の災難管理能力、OECDで下位圏

  • 2015年1月6日

昨年、韓国政府の災難管理、教育、保健福祉分野の競争力は経済協力開発機構(OECD)加盟国で下位圏だったことが分かった。

ソウル大政府競争力研究センターと政策知識センターが5日に出した「2014年政府競争力評価」によると、韓国政府の災難管理能力はOECD34加盟国のうち25位だった。災難管理は災難発生現況、予防・管理・対応システム、被害復旧のための政府の努力などを評価する。

韓国政府の災難管理指数は0.467と、1位のアイルランド(0.758)の半分をやや上回る水準にとどまった。