韓経:G20、4-6月期の成長率-18%…「V字回復」遠のく

  • 2020年6月29日

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で各国の4-6月期の経済成長率が大幅に悪化すると予想される中、7-9月期の景気反騰の期待も揺らいでいる。米国、ブラジル、インド、中東など世界各地で新型コロナの感染拡大が続いたり再流行したりしているからだ。

ブルームバーグが28日、24カ所の投資銀行(IB)と経済研究所の成長率予測値を集計した結果、主要20カ国・地域(G20)の4-6月期の成長率予測値は平均-18.1%(季節調整年率基準)だった。新型コロナのため米国・欧州など経済比率が高い国が経済封鎖を続けた影響だ。国別には3月から経済活動を再開した中国(2.0%)だけがプラス成長になると予想されている。韓国(-1.8%)は2番目に高い予測値だ。しかしこれは4月の予測値(-0.2%)よりも低い。

米国は4-6月期の成長率が-34.5%と予想された。1-3月期のマイナス成長(ー5.0%)に続き、またも歴史的レベルの数値だ。日本の4-6月期の成長率予測値も-22.3%と、1-3月期(-2.2%)に比べ大幅に悪化する見込みだ。ドイツは前年同期比ー11.9%、フランス(-19.6%)、英国(-18.1%)、イタリア(-18.5%)など欧州先進国の4-6月期の経済状況も深刻な水準になると提示された。

各国株式市場は4-6月期に入って反騰した。米S&P500種株価指数は3月末以降40%急騰した。7-9月期から成長率が急反騰すると期待されたのが最も大きな背景だ。

ゴールドマンサックスは米国の成長率が4-6月期に-39%となるが、7-9月期には29%に反騰すると早期に予想した。米セントルイス連銀のブラード総裁は23日、「新型コロナのパンデミック(世界的大流行)は初期に懸念したほど悪くないことが明らかになった」とし「下半期にはかなり強い経済回復を見せるだろう」という見方を示した。しかしカリフォルニア州、テキサス州、フロリダ州などを中心に米国内の患者数がまた急増し、第2の経済衝撃を迎えるという懸念が強まっている。米国内の新規感染者は25日から一日4万人台に入った。これを受け、少なくとも13州が経済再稼働計画を中断または後退させたと、CNNなどが報じた。

米政府は全国的な封鎖はないという立場だ。ただ、次々と再開された各州の経済活動の活気がかなり弱まると予想される。米国の国内総生産(GDP)の14.6%を占めるカリフォルニア州などを中心にした伝染病の再拡大は景気再沈滞を招くリスク要因という分析も出ている。チャールズ・シュワブのリズ・アン・サンダース首席戦略家は「現状況を見ると、V字よりもW字型の景気の流れが予想される。年末まで新型コロナが市場に影響を及ぼすだろう」と述べた。

米国だけではない。ブラジル、インド、サウジアラビアなどでは依然として新型コロナの感染が拡大している。各国が治療薬とワクチン開発に取り組んでいるが、実際の接種までにはまだ時間がかかる。ニューヨークタイムズは世界中にコロナウイルスが残っている限り、いつでもまた封鎖令が発令される可能性は残っていると指摘した。