韓経:米議会「在韓米軍、来年も2万8500人維持」

  • 2020年6月29日

米国議会が在韓米軍規模を現水準の2万8500人に維持するという内容の2021会計年度国防権限法(NDAA)の処理を進めている。韓米防衛費交渉の過程で提起された在韓米軍縮小説はしばらく水面下に沈む見通しだ。

ボイス・オブ・アメリカ(VOA)放送によると、上院と下院でそれぞれ議論中の2021会計年度NDAAには、在韓米軍の規模を維持する内容が盛り込まれている。NDAAは国防予算の使用の根拠となる法案。米議会は2019会計年度NDAAで在韓米軍規模を2万2000人と明示したが、2020会計年度法案では2万8500人に上方修正した。

来年も今年と同じ水準の在韓米軍規模を維持するという議会レベルの方針を立てた。最近のドイツ駐留米軍縮小など、政府の一方的な海外駐留米軍撤収決定を防ぐための措置と解釈される。