韓経:ライン、日本でビデオ通話で遠隔診療するアプリをリリース

  • 2020年5月22日

ネイバーの日本子会社ラインが遠隔医療事業を拡大する。21日、情報技術(IT)業界によると、ラインの子会社ラインヘルスケアは早ければ7月にビデオ通話を活用して医師が患者を遠隔診療できるアプリを出す予定だ。

ラインヘルスケアは、ラインがソニーの医療専門プラットフォーム業者M3と合作し、日本・東京に設立した会社だ。ラインヘルスケアは昨年12月にモバイルメッセンジャー「ライン」を通じた遠隔医療サービス「ラインヘルスケア」を開始した。患者が一定の費用を支払い、医師とメッセージで医療相談するサービスだ。ラインは日本で8000万人を超える利用者を確保している。

ラインが新たに出す遠隔診療サービスにより、日本の患者はさらに拡大された医療サービスを受けることができるようになる。単純な相談はもちろん、診療と処方が可能だ。初診も受けることができる。

ラインは、新しい遠隔診療サービスにモバイルメッセンジャー「ライン」だけでなく、簡単スマホ決済サービスの「ラインペイ」も連動する予定だ。利用者は診療から決済までを一度に済ませることができる。