「大韓航空、『ナッツリターン』損失は250億ウォン」

  • 2015年1月8日

大韓航空がいわゆる「ナッツリターン」事件にともなう国土交通部の運行停止処分だけで今年の売り上げは250億ウォン(約27億円)の減少が予測されると明らかにした。6日、金融監督院に提出した5000億ウォン規模の有償増資証券の申告書を通じてだ。

大韓航空は有償増資の申告書で「先月5日に飛行機が米国ニューヨークのJFK国際空港で回航した事件により、航空法上の運行停止処分が出る恐れがある」として「関連規定上21日間の運行停止処分が出れば、売り上げ250億ウォン、利益10億~20億ウォンの減少が予想される」と明らかにした。さらに「運行停止日数が50%範囲で増減の可能性があり、最大30日間の運行停止の可能性もある」として有償増資に参加する投資家は実績悪化の幅が大きくなる恐れがあるという点を勘案して投資してほしいと要請した。

大韓航空は運航停止のほかに追加的な損失も憂慮した。大韓航空は「課徴金の賦課に関連した訴訟・制裁などにともなう損失が発生する可能性がある」と伝えた。それだけでなく「この事件が国内外的に浮上して企業イメージのき損、世論悪化などの損失が生じる恐れがある」として「会社の業界の状況と収益性に及ぼす影響は正確な測定が難しく、投資家は留意しなければならない」と勧告した。

大韓航空は6日に理事会を開いて5000億ウォン規模の有償増資を推進することを決めた。韓進(ハンジン)KAL(持分率32.24%)、(株)韓進(9.69%)など株主に発行株式を先に配分した後、残った分は一般人を対象に公募する。大韓航空は有償増資で調達する資金を借入金の償還などに充て、財務構造を改善する計画だ。

大韓航空は昨年7-9月期に3920億ウォンの当期純損失を出して赤字に転じたのに続き、10-12月期にも赤字を出したと証券業界は推算している。