韓経:BMW5・6シリーズの新車…韓国で世界初公開

  • 2020年5月19日

BMW5シリーズのマイナーチェンジモデル

BMWコリアは今月27日に仁川(インチョン)永宗島(ヨンジョンド)BMWドライビングセンターで5シリーズと6シリーズGT(グランツーリスモ)のマイナーチェンジモデルを世界で初公開すると、18日、明らかにした。輸入車ブランドのうち細部トリム(等級)でなく新型モデルの発表イベントを韓国で開催するのはBMWが初めて。

BMWは当初、今月開催される予定だった釜山(プサン)国際モーターショーで5シリーズのマイナーチェンジモデルを公開することにしていた。しかし新型コロナウイルス感染症のため釜山モーターショーが中止になり、別のイベントを準備した。

BMW5シリーズと6シリーズGTモデルが韓国で人気という点も新車発表を韓国ですることにした背景に挙げられる。韓国は先月の販売台数基準でBMW5シリーズが世界1位、6シリーズGTが世界2位の市場。BMWの主力モデルの5シリーズは1995年のBMWコリア設立以降、韓国国内だけで19万6000台が売れたベストセリングカー。

BMWコリアは新型コロナ拡大防止のため、今回の新車公開イベントを野外のBMWドライビングセンタートラックで開催する。ユーチューブなどデジタルチャンネルでも生中継する予定だ。

BMWコリアのハン・サンユン社長は「ワールドプレミア(世界初公開モデル)イベントをきっかけに韓国社会に誠意のある投資を続ける」と述べた。