円安・MERSの影響…7-9月期のBSIが下落

  • 2015年7月6日

大韓商工会議所は2400余りの製造企業を対象に7-9月期の景況判断指数(BSI)を調査した結果88だったと5日、発表した。1-3月期に83に落ちたBSIは4-6月期に97に反騰したが、7-9月期にまた下落した。BSIは基準値100以上なら次期に景気が良くなると予想する企業が多いことを意味し、100未満ならその反対。大韓商工会議所は中国景気の低迷と円安、MERSの影響などをBSI下落原因に挙げた。