韓経:今年の韓国「マイナス成長」可視化…11機関の平均成長率見通しマイナス0.9%

  • 2020年4月6日

今年の韓国経済が通貨危機当時の1998年から22年ぶりにマイナス成長するという警告音がますます大きくなっている。海外主要機関が新型コロナウイルスによる経済衝撃を考慮し韓国の成長見通しを相次ぎ引き下げている。

主要格付け会社と投資銀行などによると、先月29日から今月5日までに11機関が出した今年の韓国成長見通しは平均でマイナス0.9%だった。見通しを発表した機関はスタンダードチャータード、UBS、モルガン・スタンレー、野村証券、シティーバンク、クレディスイス、フィッチ・レーティングス、キャピタルエコノミクス、オックスフォードエコノミックス、ナティクシス、アジア開発銀行(ADB)だ。

これらのうち半分を超える6カ所が今年の韓国経済がマイナス成長すると予想した。最も悲観的に予想した野村証券は今年の韓国の成長率がマイナス6.7%に急落すると予想した。英経済分析機関キャピタルエコノミクスはマイナス3.0%、投資銀行のモルガン・スタンレーはマイナス1.0%に落ちると予想した。このほかUBSがマイナス0.9%、スタンダードチャータードがマイナス0.6%、フィッチがマイナス0.2%と韓国が今年マイナス成長すると予想した。最も悲観的な野村証券を除いてもマイナス成長を予想した機関の見通し平均はマイナス0.3%だった。

韓国が今年プラス成長をするとしても成長率は0%台にとどまると予想した機関が多かった。オックスフォードエコノミクスは0.2%、シティーとクレディスイスはそれぞれ0.3%、ナティクシスは0.9%の成長率を記録すると予想した。国際機関であるADBは最も肯定的な1.3%の成長率を予想する。

海外主要機関は韓国経済が1-3月期から沈滞局面に入ったと分析した。オックスフォードエコノミクスとクレディスイスは韓国経済が1-3月期と4-6月期ともマイナス成長するとみた。フィッチは1-3月期のマイナス0.3%から4-6月期はマイナス3.0%と状況がさらに悪化すると予想した。韓国経済が2四半期連続で沈滞に陥ったのは通貨危機当時の1997年10-12月期から1998年4-6月期、重症急性呼吸器症候群(SARS)当時の2003年1-3月期から4-6月期の2度にすぎない。

韓国の成長率が相次ぎ引き下げられる根本原因は新型コロナウイルスにより世界の景気が急激に沈んでいるためだ。この日現代経済研究院は報告書をまとめ、「新型コロナウイルスで世界景気が沈滞段階に進入した」と評価した。米国は新型コロナ感染者が30万人を超えて消費が減り、ユーロ圏も1-3月期のマイナス成長が有力だという。中国もデフレに進入する可能性があるとの懸念が出ている。

現代経済研究院は「新型コロナウイルスが世界的に感染拡大しグローバルサプライチェーンへの衝撃と消費の崖が同時に発生する経済危機が現れた」と分析した。