韓経:サムスン、バッテリー技術革命…1回の充電で800キロ走る

  • 2020年3月11日

サムスン電子が「全固体電池」の寿命と安全性を高めると同時に大きさを半分に減らせる基本技術を公開した。全固体電池は正極と負極の間の液体電解質を固体に変えた製品だ。

サムスン電子は10日、1回の充電で800キロメートル走れ、1000回以上再充電が可能な全固体電池の研究結果を世界的な学術誌「ネイチャー・エネルギー」に掲載したと発表した。全固体電池は広く使われるリチウムイオン電池よりも容量が大きく安全性が高いと評価される。

研究はサムスン電子総合技術院と日本研究所の研究陣が共同で進めた。一般的に全固体電池の負極素材にはリチウム金属が使われる。リチウム金属は全固体電池の寿命と安全性を低くするデンドライト(充電時にリチウム結晶が負極表面について分離膜を傷つける現象)という問題が発生する。サムスン電子はデンドライトを解決するため全固体電池の負極に「銀・炭素ナノ粒子複合層」を使った。析出型リチウム負極技術を世界で初めて開発した。

サムスン電子関係者は「析出型リチウム負極技術は全固体電池の安全性と寿命を改善する。これまでより負極の厚さを薄くでき、バッテリーの大きさを半分に減らすことができる」と説明した。

総合技術院はサムスンの未来先行技術研究開発を担当する組織だ。最近では「自発光量子ドット発光ダイオードの商用化の可能性」と「非侵襲血糖測定の可能性」に対する研究結果を世界的な学術誌に相次いで掲載するなど研究成果を出した。