韓経:日本公取委、現代重工業と大宇造船海洋の企業結合審査

  • 2020年3月3日

日本で現代重工業と大宇造船海洋の企業結合本審査が始まった。2日の業界によると、日本の公正取引委員会は現代重工業グループ造船部門持ち株会社である韓国造船海洋が提出した現代重工業と大宇造船海洋の企業結合申告書を先月25日に受け付けた。

日本の公正取引委員会は昨年9月に事前審査をした後、今回韓国造船海洋の企業結合申告書を処理し1次本審査に入った。日本の国土交通省が1月に「現代重工業と大宇造船海洋の合併に対する韓国政府の支援は国際支援協約に反する」として世界貿易機関(WTO)に提訴してから約1カ月ぶりだ。韓国造船海洋は昨年7月に韓国公正取引委員会に企業結合審査申請書を提出した。両社が企業結合をするためには韓国以外にも韓国造船海洋が進出した日本、中国、欧州連合(EU)、シンガポール、カザフスタンのすべてで承認を受けなければならない。