韓経:韓国、2月初めの輸出3.2%減少…新型肺炎が「足かせ」に

  • 2020年2月12日

今年に入り回復の兆しを見せていた韓国の輸出が新型コロナウイルスによる肺炎の伏兵で落ち込んだ。先月回復傾向に入るようだった1日平均輸出が今月初めにマイナスに転じたのだ。発病震源地である中国に対する輸出依存度があまりに高いためだ。ここに中国からの輸入も急減するなど内需市場まで萎縮する兆しを見せている。韓国政府の今年の輸出増加率目標値3%だけでなく経済成長率目標の2.4%の達成も難しくなるのではないかとの懸念が出ている。

◇輸出回復するかと思ったら

関税庁と産業通商資源部が11日に明らかにしたところによると、今月1~10日の輸出は106億9700万ドルを記録した。前年同期の63億1600万ドルから69.4%の急増だ。輸入は96億6900万ドルから119億8800万ドルに24.0%増えた。表面的には輸出が増加したが、これは操業日数による錯覚と分析される。昨年は2月初めに旧正月連休があり操業日数が4日にとどまった。これに対し今年2月上旬の操業日数は7日で3営業日多かった。

操業日数の影響を排除した1日平均輸出額はむしろ減少した。今年は1日平均15億3000万ドルで、昨年より3.2%減った。韓国政府関係者は「最大貿易相手国である中国内の物流運送が円滑でない上に春節連休まで延び輸出量が減少した」と説明した。事実上中国の主要生産ラインと流通網がシャットダウンされたため韓国の中間財・消費財輸出がいずれも支障をきたしたのだ。

今月1~10日の品目別輸出増減率を見ると、半導体が37.8%、石油製品が26.2%、乗用車が114.5%、無線通信機器が34.8%、船舶が138.6%などと増加したが、これは操業日数を考慮していない数値だ。昨年韓国の輸出の25.1%を占めた対中輸出は操業日数増加にも36.0%の増加にとどまった。中国からの輸入はむしろ7.5%減少した。輸出から輸入を差し引いた貿易収支も悪化した。1~10日基準で12億9100万ドルの赤字だった。

◇「今年輸出3%成長厳しそう」

韓国経済の柱に挙げられてきた輸出は先月の1日平均額基準で14カ月ぶりに4.8%増加した。DRAM単価が2018年12月以降で初めて反騰するなど半導体の回復傾向の影響が大きかった。このため今月から輸出が本格的なプラスに転じるだろうというのが政府の期待だ。

だが予想していなかった伝染病の恐怖が輸出戦線に暗雲を落とす局面だ。最も大きな問題は中国との貿易で半導体やディスプレーなど中間財の割合が圧倒的という点だ。いずれも韓国の代表的な輸出品だ。昨年対中輸出で中間財が占める割合は79.4%だった。韓国銀行によると中国の経済成長率が1ポイント下がると韓国の輸出は1.74%減少すると推測される。貿易業界関係者は「政府が今年輸出3%成長を目標に掲げているが、現在の流れでは容易でないだろう」と話した。オックスフォードエコノミクス、ソシエテジェネラル、JPモルガンチェースなど海外の分析機関は韓国の今年の輸出増加率が2.0%を下回ると予想している。

韓国政府は新型肺炎にともなう輸出への衝撃を最小化するために総力支援体制に転換した。関税庁は11日に貿易業界と懇談会を開いた後、関税納期延長、輸入付加税納付猶予などを推進することにした。産業通商資源部も輸出業界と緊急状況点検会議を開いた。