ゴルフクラブに「円安効果」…新製品を値下げ(2)

  • 2015年1月15日

◆米国産も値上げ自制

ナイキゴルフは今年、新しいブランドを出した。ヴェイパー(VAPOR)ドライバーシリーズ(フレックス、プロ、スピード)とヴェイパーアイアンシリーズ(プロ、プロコンボ、スピード)だ。ドライバーの価格は45-55万ウォン、アイアンは79万-120万ウォン。ナイキゴルフの関係者は「今年出した新しいブランドを昨年と単純比較するのは難しいが、似た価格に維持した」と述べた。ナイキゴルフは16日から販売するルナコントロール3(Lunar Control 3)ゴルフシューズの価格を23万9000ウォンに決めた。前モデルのルナコントロール2より1000ウォン安い。

ピンゴルフが新しく出したG30シリーズ(ドライバー、消費者価格56万ウォン)も従来のモデルと同じ価格で市販中だ。コブラプーマも今月末から次々と発売する「フライジェット」と「フライジェットプラス」シリーズの価格を昨年と似た50万ウォン(ドライバー基準)前後と予想している。近くX2HOTの後続モデルを発売するキャロウェイも価格を昨年のX2HOTと似たレベルに内定した状態だ。

◆韓国ゴルファー専用クラブ

韓国ゴルファーを狙った「コリアン専用ゴルフクラブ」も強化される傾向だ。ダンロップスポーツコリアは開発段階から韓国ゴルファーのスイングスタイルと好みを綿密に分析し、2年間の研究を経て製作したコリアン専用クラブを発売した。昨年発売した「ゼクシオ8」モデルよりやや強いスペックを望む中上級ゴルファー向けの「ゼクシオFG」、遅いスイングスピードでゴルフを楽しむ顧客層向けの「ゼクシオプライムロイヤルエディション(XXIO Prime Royal Edition)の2種類のモデルを出した。

ミズノは韓国女性をターゲットとした超軽量モデル「ラ・ ルージュ(La Rouge)」シリーズを来月初め発売する。筋力が不足する韓国女性ゴルファーのために軽い「ホットメタル」素材にミズノ独自の「オロチシャフト」を装着した。さらにクラブの重心の位置をグリップ側に移動させ、ヘッドスピードを高めたという。「ラ・ルージュ」は今後、韓国女性ゴルファーのための専用ブランドとして開発される予定だ。