韓経:サムスン、1秒にフルHD映画82本伝送するDRAMを世界で初めて発売

  • 2020年2月5日

サムスン電子がフルHD級映画82本分を1秒で伝送できる半導体を発表した。サムスン電子は4日、人工知能(AI)と次世代スーパーコンピュータ(HPC)用データ分析に活用できる超高速DRAM半導体「フラッシュボルト」を発売したと発表した。フラッシュボルトは容量16ギガバイト(GB)の3世代高帯域幅メモリー(HBM2E)DRAMで、これまでの第2世代より速度が1.3倍、容量が2.0倍向上した。

サムスン電子が第2世代8ギガバイトHBM2DRAM「アクアボルト」を世界で初めて開発し量産を始めてから2年で第3世代製品のフラッシュボルトを発売し次世代プレミアムメモリー市場の先取りに乗り出したとの見方が出ている。

フラッシュボルトは1個のバッファチップの上に16ギガビットDRAMチップ(10ナノ級)8個を積み16ギガバイトの容量を実現したのが特徴だ。16ギガビットDRAMチップに5600個以上の微細な穴を開け合計4万個を超えるTSV(シリコン貫通電極)接合ボールで8個のチップを垂直連結した「超高集積TSV設計技術」を使った。この製品は信号伝送最適化回路設計を活用して合計1024個のデータ伝達通路で1秒当たり3.2ギガビットの速度で410ギガバイトのデータを処理する。フルHD級映画82本(410ギガバイト)を1秒で伝達できる水準だ。この製品はまた、世界で初めて1秒当たり4.2ギガビットまでデータ伝達速度を確保し、今後538ギガバイトを1秒で処理できると予想される。