国内加工・中継貿易委縮で部品会社の輸出に打撃=韓国

  • 2015年7月13日

現代経済研究院は、韓国国内企業の加工・中継貿易輸出額が2012年の1047億ドルから昨年は950億ドルに減少したと推定されると12日、発表した。

加工貿易輸出は国内企業が海外企業に国内で作った半製品の加工を任せた後、販売する。過去にLGディスプレーが主に活用した。中継貿易輸出は海外の系列会社や法人が生産した製品を本社が販売する形だ。サムスン電子がベトナム工場で作った携帯電話を輸出するのが代表的な例だ。

現代経済研究院は「中国政府が自国内の加工貿易を制限し、国内企業が生産環境悪化で海外投資を減らしている」とし「加工・中継貿易が減少する場合、国内の部品企業の輸出も打撃を受ける可能性があり、マイナス」と分析した。ペク・ダミ専任研究員は「中国ではなく新規海外生産基地を発掘する努力が必要」と指摘した