韓経:「北、ICBMを発射すれば『最後の合意の機会』は消える」

  • 2019年12月17日

米国共和党重鎮議員が北朝鮮が追加核実験、または大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試験発射を行う場合、ドナルド・トランプ大統領と合意する機会が消えるだろうと警告した。

今月15日(現地時間)、米政治専門紙「ザ・ヒル」によると、リンゼー・グラム上院議員は「北朝鮮が核実験やICBMの試験発射に戻れば、これはトランプ大統領と『ウィンウィン』合意をする彼らの最後の最も良い機会を壊すだろう」と話した。グラム議員はトランプ大統領の最側近に選ばれる人物だ。彼は「私たちは彼ら(北朝鮮)が米国を核兵器で打撃する軍事的能力を開発するように許さないだろう」と話した。

共和党のミット・ロムニー上院議員も「ザ・ヒル」に「北朝鮮が年末期のデッドラインに合わせてどのカードを切るか予測することは難しい」として「北朝鮮に非常に厳格な制裁を維持するよう願う」と話した。また「彼らの言動が他の世界のものという事実はすでに歴史的に立証された」と付け加えた。