韓経:韓国政府、ロシアに「KADIZ直通電話の設置を」

  • 2019年10月24日

韓露軍当局が23日、偶発的衝突を防止するために直通電話開設の議論を始めた。7月にロシア軍用機が独島(ドクト、日本名・竹島)領空を侵したのに続き、前日にも爆撃機を含む軍用機6機が韓国防空識別圏(KADIZ)に無断進入するなど安全保障に対する脅威の高まったことで、対策の準備に入った。

政府筋によると、この日から2日間、両国軍当局はソウルで合同軍事委員会会議を非公開で開いた。両国間の偶発的な軍事的衝突防止と軍事交流および友好協力増進のために毎年開かれるこの日の会議に、韓国側からは合同参謀本部作戦3処長が代表として出席した。

双方は今回の会議でKADIZで発生するおそれがある偶発的衝突防止案を協議し、防空識別圏および近隣上空を飛行する航空機の飛行情報交換のためのホットライン設置とこのための了解覚書(MOU)締結時期・形式などについて議論したという。