韓経:韓国型戦闘機KF-X実物模型を初公開…米戦略武器は参加せず

  • 2019年10月15日

「ソウル国際航空宇宙および防衛産業展示会2019」開幕前日の14日、京畿道城南のソウル空港で、行事関係者が韓国型次世代戦闘機(KF-X)の実物模型を見ている。今回の行事は20日まで開かれる。 キム・ヨンウ記者

次世代韓国型戦闘機(KF-X)の実物大の模型が14日、京畿道城南(ソンナム)のソウル空港で開催された「2019ソウル国際航空宇宙および防衛産業展示会」(ADEX)プレスデーで初めて公開された。

KF-X事業は開発費だけで計8兆8304億ウォン(約8080億円)にのぼる超大型防衛産業プロジェクト。2016年1月に開発を始め、2018年6月に基本設計が完了した。現在、ハードウェアとソフトウェアの細部設計が終わり、部品の製作が進行中という。試製1号機は2021年上半期に出庫される。続いて2022年上半期に初飛行試験を始め、2026年末に開発が完了する。

KF-Xの最高速度はマッハ1.81(時速2200キロ)、航続距離は2900キロ。最新抗戦装備とAESAレーダーおよび最新センサーなどを搭載する予定だ。最大搭載量は7700キロ。機体の底と翼にミサイルなどを搭載する装置10個が設置されている。KF-X事業を主管する韓国航空宇宙産業(KAI)のチョン・ハモク責任研究員は「F-35Aは第5世代戦闘機に属するが、KF-Xは第4.5世代戦闘機」とし「F-35Aに比べて運営費用は半分ほどで、機動能力が優秀という長所がある」と説明した。

ADEX2019は15日に公式的に開幕し、20日まで開催される。今回の行事には米軍の最先端戦闘機も参加する。米空軍はF-16戦闘機(ファルコン)、A-10対戦車攻撃機(サンダーボルトII)、C-17大型輸送機(グローブマスターIII)、KC-135空中給油機(ストラトタンカー)、E-3B早期警戒機(セントリー)などを公開する。米海軍はP-8A海上哨戒機(ポセイドン)、EA-18G電子戦機(グラウラー)、MH-60R海上作戦ヘリコプター(シーホーク)を参加させた。

ただ、今回の行事にはF-22、F-35ステルス戦闘機など米空軍の戦略武器は参加しなかった。米朝非核化実務交渉など韓半島(朝鮮半島)安保状況を念頭に置いた決定という見方が出ている。