韓経:サムスン電子、ゲーミングモニターも世界1位

  • 2019年10月10日

サムスン電子のデュアルQHDゲーミングモニター「CRG9」モデル

サムスン電子は今年上半期の世界ゲーミングモニター市場でシェア1位を占めたと9日、発表した。グローバル市場調査会社IDCによると、サムスン電子は上半期17.9%のシェア(金額基準)で世界1位にのぼった。サムスン電子が2016年初めてゲーミングモニターを発売して3年ぶりだ。

サムスン電子は高解像度(QHD)と曲面などプレミアム製品群でそれぞれ30%以上のシェアを占め2位会社と2倍の差をつけた。IDCは昨年500万台水準であるグローバルゲーミングモニター市場の規模が2023年には1000万台に増えるものと見通した。

サムスン電子関係者は「ゲームコンテンツの解像度が高まり、高性能モニターの需要が着実に増加している」として「広い画面をひと目で見られる没入感がメリットである曲面モニターが人気」と話した。

サムスン電子のデュアルQHDゲーミングモニター「CRG9」モデルは1月、米国ラスベガスで開かれた世界最大の家電見本市「CES 2019」で最高革新賞を受けた。