韓経:大韓航空など国際線39路線を新設…「三重苦」を越える

  • 2019年10月9日

韓国の航空各社が冬季シーズンが始まる10月27日に合わせて計39路線の国際線を新設する。7月の韓日経済戦争以降、日本路線を大幅に減らした航空各社が今回の冬季シーズンに東南アジアや中国、台湾など代替路線を大幅に増やす。日本旅客の減少に加えてウォン安と原油価格の上昇という「三重苦」で苦戦を強いられている航空業界が路線改編を契機に実績を反転させることができるかどうか注目される。

◆日本依存度を減らす

8日、業界によると、大韓航空、アシアナ航空、チェジュ航空、ジンエアー、ティーウェイ航空、エアプサン、イースター航空、エアソウルなど航空会社8社は今月27日から冬季スケジュールの運航を開始する。航空会社は国際航空運送協会(IATA)の基準により、10月最後の日曜日から5カ月間を冬季、3月最後の日曜日から7カ月間を夏季スケジュールとして運営している。

今回の冬季シーズンに航空会社は増便5便含む国際線計39路線を新設する。国別にはベトナム、フィリピンなど東南アジアが13便、中国10便、台湾7便などだ。航空業界関係者は「7月以降、航空会社が日本路線を100便以上縮小しながらできた供給力を近距離の代替路線に振り分けている」とし「新規路線が普段の冬季スケジュールより1.5倍ほど増えた」と分析した。

大韓航空は南京・張家界・杭州に新規就航し、北京は週14便から17便に増やす。観光地のタイ・チェンマイやインドネシア・バリ路線の増便も推進中だ。アシアナ航空はポルトガル・リスボン、エジプト・カイロ、バングラデシュ・ダッカなどのニッチ市場を攻略する。また、台湾の高雄や台中にも新たに路線を開設する。

エアプサンは今回の冬季シーズンに合わせて仁川(インチョン)空港に初めて乗り入れる。中国寧波・深セン・成都、フィリピン・セブ、台湾・高雄など仁川空港から出発する6路線を新設する。エアプサンが仁川空港に路線を開設するのは2007年設立以後12年ぶりだ。エアプサンのハン・テグン社長は「仁川進出を成長動力として外形成長と収益性向上を同時に達成していきたい」と話した。

エアソウルは12路線だった日本線を4路線に減らし、中国の臨沂と張家界、ベトナムのハノイとニャチャン路線を新たに開設する。イースター航空は済州(チェジュ)発香港・マカオ・上海、清州(チョンジュ)発ダナンなど地方空港の国際発着便を大幅に拡充させる。

◆10-12月期は改善されるか

航空企業の新規路線が実績不振を挽回する突破口になるか注目される。

韓国航空会社は夏休みシーズンのある7-9月期にも日本旅行客の急減、為替レートや原油価格の上昇という3大悪材料が重なったために苦戦を免れなかった。

証券情報企業エフエヌガイドによると、上場企業である大韓航空、アシアナ航空、チェジュ航空、ジンエアー、ティーウェイ航空、エアプサンなど航空会社6社の7-9月期の営業利益コンセンサス(推定値平均)合計は3571億ウォン(約318億円)と集計された。昨年同期(5900億ウォン)と比べて39.5%減となる規模だ。10-12月期がオフシーズンになるが、国際線路線を大幅に調整して実績改善を図ろうとしている理由だ。

だが、日本の比重が高い格安航空会社(LCC)の実績不振は当分続くだろうという見通しが優勢だ。チェジュ航空、ジンエアー、ティーウェイ航空、エアプサンなどLCC4社の7-9月期営業利益はそれぞれ前年同期の半分水準にとどまるものと推算される。

これに伴い、イースター航空は今月から3カ月の循環無給休職を施行するなどLCCは非常経営体制に突入している。

あるLCC関係者は「新規路線の拡大に合わせた特価航空券イベントなどさまざまなマーケティング活動を準備している」と話した。