韓経:WFP通じた北朝鮮へのコメ支援、結局実現せず

  • 2019年10月1日

9月中に北朝鮮にコメを支援するという韓国政府の計画は結局実現しなかった。北朝鮮は30日までに韓国政府の提案に応じなかった。北朝鮮は7月に韓米合同演習を理由に突然コメ支援に拒否意思を明らかにしてから沈黙している。

統一部のイ・サンミン報道官は30日の定例会見で「コメ支援運送期間を9月末までに設定して推進したが国連世界食糧計画(WFP)側と北朝鮮側の協議が進展していない」と明らかにした。また「今後の推進計画に対し韓国政府はWFP側と協議を継続していく予定」と付け加えた。

統一部は韓国の港で船積みしてから北朝鮮の港まで輸送する費用、北朝鮮国内での分配・モニタリング費用など、事業管理費用1177万4899ドルをWFPにすでに送金した。

北朝鮮へのコメ支援事業撤回を決めるにはWFPに送金した事業管理費用を還収するなどの手続きを踏まなければならないが、韓国政府はWFPと追加で協議するという立場だ。