韓経:日本戦犯企業製品の公共購入を制限=韓国

  • 2019年8月15日

韓国の全国広域地方議会が日本戦犯企業製品の公共購入を制限する条例を制定することにした。

全国17の広域市・道議会で条例案をすでに代表発議および今後発議する予定の議員20人余りは14日、ソウル鍾路区(チョンノグ)の平和の少女像前で記者会見を開き、このような内容の条例案制定を推進すると明らかにした。

条例案には▼日本戦犯企業の定義▼日本戦犯企業製品の公共購入制限対象機関と金額▼日本戦犯企業製品の公共購入自制に対する市場と教育監の責務と基本計画樹立--などが勧告事項として盛り込まれている。

ソウル市議会や世宗(セジョン)市議会などでは今月初めに該当の条例案が発議され、釜山(プサン)・蔚山(ウルサン)・光州市(クァンジュシ)議会などでも発議を推進している。