韓経:文在寅大統領「米中の中でどちらを選択する状況に達しないように」

  • 2019年6月28日

主要20カ国・地域(G20)首脳会議に参加するために日本を訪問した文在寅大統領が27日、大阪ウェスティンホテルで習近平中国国家主席との会談に先立ち握手している。文大統領と習主席会談は今回が5回目だ。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は27日、米中貿易葛藤に関連して「(韓国が)どちらを選択する状況に達しないように円満に解決されてほしい」と話した。文大統領はこの日、主要20カ国・地域(G20)首脳会議が開かれる日本大阪で習近平中国国家主席と行った首脳会談で「米国と中国は韓国にとって1、2位の貿易国で全部重要だ」としてこのような意向を明らかにしたと青瓦台(チョンワデ、大統領府)核心関係者が伝えた。

この日、首脳会談で両首脳は北朝鮮の非核化とTHAAD(高高度ミサイル防衛)問題など韓半島(朝鮮半島)の平和体制構築案を集中的に話し合った。習主席は「THAADに関連した解決案が検討されてほしい」と話し、文大統領は「そのため、韓半島の非核化が重要だ」と答えた。習主席のTHAAD撤回要求に関連して青瓦台核心関係者は「両首脳は解決案が摸索されるべきだという原則的な話を交わしたものであり、非核化が先行条件という意味で言ったわけではない」と説明した。

20~21日北朝鮮を訪問した習主席はこの日、文大統領に金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長が自身に伝えたメッセージをまとめて伝達した。青瓦台によると、金正恩委員長は習主席に「非核化への意志に変わりはなく、新しい戦略的路線にともなう経済発展と民生改善のために努力しており、外部環境が改善されることを希望する」と明らかにした。また「対話を通じて問題を解決したいし、忍耐心を維持して早急に合理的な案が摸索されることを願う」とした。

習主席は第3回米朝首脳会談に関連して「米朝両側が柔軟性を見せて対話が早急に実現されることを期待して支持する」という意向を明らかにしたと高ミン廷(コ・ミンジョン)青瓦台報道官が伝えた。