韓経:トランプ氏「賢い金正恩氏、核をあきらめるだろう」…安倍氏「金正恩氏に会って対話」

  • 2019年5月28日

ドナルド・トランプ米大統領と安倍晋三首相が核・ミサイル挑発を繰り返す北朝鮮に対する「強硬対応カード」の使用をひとまず見送った。トランプ大統領は「北朝鮮非核化を急がない」とし、安倍首相は日朝首脳会談の実現への意欲を再度強調した。米国と日本の首脳は27日、東京の元赤坂にある迎賓館で首脳会談を行った後記者会見でこのような立場を明らかにした。

トランプ大統領は「金正恩委員長はとても賢い人なので私が言うこと(米国の非核化要求)をよく理解している」として「米国と日本は(北朝鮮非核化を)急ぐことがない」と話した。トランプ大統領は北朝鮮の経済制裁が持続しており北朝鮮との対話も進められていると付け加えた。自身が執権した後、ここ2年間北朝鮮のミサイル発射や核実験が大幅に減ったという点も根拠に挙げた。

安倍首相も「日米首脳会談で北朝鮮情勢に関して両国が十分な時間をかけて綿密にすり合わせをした」として「北朝鮮問題で両国の意見が完全に一致した」と強調した。

また、「何より北朝鮮の日本人拉致問題を早急に解決するために直接、金正恩委員長と会わなければならない」として「金正恩委員長に会って、率直で虚心坦壊に話をしたい」と述べた。日朝首脳会談の実現にトランプ大統領の全面的な支持を得たという説明も付け加えた。

日米首脳は今回の会談で北朝鮮問題が最も重要な共通の関心事であることを確認した。対北政策に関連して北朝鮮の挑発を許せないということで両国が立場を一致させたとしながら、とりあえず融和的なカードを選んだという分析だ。