香港企業2兆6250億ウォン投資…仁川空港周辺にカジノ複合リゾート

  • 2015年2月13日

香港のグローバル企業である周大福グループ(CTF)が、仁川永宗島(ヨンジョンド)カジノ複合リゾート開発事業に26億ドル(約2兆6250億ウォン)を投資することにした。

チャン・パトリックCTFグループ最高経営責任者(CEO)兼会長と劉正福(ユ・ジョンボク)仁川市長は12日、仁川市庁で永宗島ミダンシティのカジノ複合リゾート開発のための了解覚書(MOU)を締結した。

イ・スンジュ仁川経済自由区域庁投資誘致本部長は「今回の協約は投資金額を基準に、国内経済自由区域内の投資誘致事業では最も大きな規模」と述べた。韓国政府は投資活性化計画に基づき、今年、カジノ複合リゾート2カ所を新規で許可することにした。

CTFグループの永宗島投資決定は、昨年11月に劉正福市長が香港本社を訪問した際、10億ドル以上を永宗島に投資すると約束したことに基づく。CTFグループ側は今月中に韓国法人を設立し、事業計画書を完成した後、下半期に文化体育観光部に事前審査を申請することにした。CTFグループは永宗島ミダンシティ内の9万4121平方メートルの敷地に26億ドルを投資し、外国人専用カジノ、一流ホテル、ショッピング施設、エンターテインメント施設などを建設する計画だ。

仁川市はCTFグループの複合リゾート事業承認が出れば「永宗島MICE・複合リゾート集積化事業」に弾みがつくとみている。