韓経:日本は今「IZ*ONE天下」…K-POPの歴史を書き直す

  • 2019年2月19日

12人組韓日ガールズグループ「IZ*ONE(アイズワン)」が今月6日の日本デビューシングル発表後、一日で合計19万枚販売し、日本進出K-POPガールズグループ最高記録を打ち立てた。韓国のアーティスト育成と日本の音楽マーケティングがシナジーを出して人気を集めている。

12人組の新鋭ガールズグループ「IZ*ONE」が日本進出K-POPの歴史を書き直した。

IZ*ONEの日本デビューシングル『好きと言わせたい』は発売初日の6日に一日で19万枚以上を売ってオリコンデイリーシングル1位を占めた。これは韓国ガールズグループの日本デビューシングル初日最大販売記録であるTWICE(トゥワイス)の約9万4000枚の倍以上となる数量だ。日本国内全体ガールズグループのデビューシングル初日販売では、HKT48の20万枚に続き歴代2位に入った。このアルバムは初週販売量も22万枚に達し、TWICEの持つ20万枚記録を越えてK-POPガールズグループの日本デビューシングル最高記録を打ち立てた。

日本国内K-POP専門評論家である古家正亨氏は18日、「韓国のアーティスト育成能力と日本の音楽マーケティング力が融合した結果」とIZ*ONEの興行旋風を診断した。Mnetのアイドルオーディション番組『PRODUCE 48』を通じて結成されたIZ*ONEはデビュー前からメディアを通じて韓日両国で話題を振りまき、厚いファン層を確保した。

◆韓日両国アイドルの熱い「化学反応」

韓国Mnetと日本BSスカパーが昨年6月から8月まで同時放送した『PRODUCE 48』は韓国アイドル選抜番組『PRODUCE 101』制作スタッフと日本人気ガールズグループ「AKB48」を作った秋元康プロデューサーがタッグを組んだ番組だ。開始から両国で熱い関心を集めた。韓国練習生57人、日本練習生39人など合計96人がオーディションに参加し、競争を経て最終的に韓国9人と日本3人(宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美)を選抜してIZ*ONEを結成した。

韓国と日本アイドルの明らかに異なったシステムや志向などで順調ではないだろうという下馬評を覆し、メンバーは熱い化学反応を起こして両国視聴者を引きつけた。数多くの難関と圧迫の中でも努力して勝ち抜く姿に視聴者は応援と激励を送って自らファンになった。IZ*ONEの日本メンバー3人はすでに日本で旺盛に活動中のAKB48メンバーだった。3人がK-POP歌手としてデビューするために挑戦することが日本ファンの関心を増幅させた。

◆日本国内の広報マーケティング最適化努力

秋元プロデューサーはIZ*ONEが日本で最適の広報マーケティングコースを踏めるよう指揮した。IZ*ONEは新曲発表2カ月前に人気音楽番組でパフォーマンスを披露した。デビュー前から主要な放送に露出させる日本特有のマーケティング方式だ。今年1月、東京ドームシティ(TDC)ホールのショーケースに4000人余りのファンが集まったが、そのうち70%以上が女性だった。

K-POP企画会社関係者は「K-POP男性グループの日本ファンダムと同じような構成」としながら「IZ*ONEの公演チケットとアルバム購入に惜しみなく投資するものと見込んでいる」と話した。日本はK-POP海外売り上げの半分程度を占める最大市場だ。IZ*ONEは今月15日には日本の代表音楽放送であるテレビ朝日の『ミュージックステーション』にも出演して日本全域にその名を知らせた。

◆「新韓流現象」でロングラン期待

IZ*ONEは誕生過程そのものが韓日民間文化交流の象徴だ。両国の優秀システムを結合し、日本をはじめグローバル市場を攻略するために企画された。メンバーが一糸乱れぬダンスを繰り広げる「カル群舞」と優れた歌の実力を備えたK-POP、かわいくて友達のように身近な日本ガールズグループの強みを合わせたIZ*ONEは、日本人メンバーを中心に流ちょうな日本語で疎通して日本の大衆にすんなりと近づいた。韓国のカル群舞能力を学んだ3人の日本メンバーはAKB48時代よりもはるかに多くのファンが熱狂することに驚いたという。特に、SNSに敏感な日本の10代は既成の世代とは違ってYouTubeにハマり、K-POPにも一層魅了される新韓流現象が現れているという分析だ。

韓国大衆文化評論家のカン・ムン氏は「IZ*ONEは日本10代を狙っている『日本向けガールズグループ』」としながら「大衆の中に深々と食い込むことができる実力と力を備えているのでロングランが期待される」と話した。