韓経:現代・起亜車、グローバル販売5位守る

  • 2019年2月8日

現代(ヒュンダイ)・起亜(キア)自動車が昨年740万台を販売し、グローバル完成車市場で販売ランキング5位を守った。1083万台を販売したフォルクスワーゲングループは5年連続で1位を占めた。

7日、自動車業界によると現代・起亜車は昨年フォルクスワーゲングループとルノー・日産・三菱アライアンス、トヨタ、ゼネラルモーターズ(GM)に続き、世界完成車の販売ランキング5位を記録した。フォルクスワーゲングループは前年(1074万台)に比べて0.9%増加した1083万台を販売し、歴代最多販売実績を更新した。ルノー・日産・三菱アライアンスは1076万台を販売してフォルクスワーゲングループを追い詰めた。中大型商用車を販売しない同アライアンスは乗用車と軽商用車販売の実績だけ見れば、フォルクスワーゲングループ(1060万台)より優位にある。

トヨタは前年比2.0%増加した1059万台を販売し、3位を記録した。同社はことしの販売目標を1076万台に設定した。GMは昨年838万台を販売した。前年と比べて120万台ほど少ない。販売量は減ったが、売り上げと営業利益はかえって増えた。組織のスリム化で費用を節減し、付加価値の高い車両の販売に集中した結果という分析だ。

現代・起亜車は前年より2.0%増えた740万台を売ったが、昨年年始に立てた販売目標(755万台)には大きく及ばなかった。世界最大の自動車市場である米国と中国での販売不振が苦境をもたらした。フォードは598万台を販売し、現代・起亜車の後に続いた。