韓経:中国人行商人のおかげで…韓国免税店売り上げ新記録

  • 2019年1月14日

韓国内免税店の売り上げが昨年20兆ウォン(約1兆9380億円)に肉迫したことが分かった。2016年10兆ウォンを初めて越えてからわずか2年で2倍近くに増加した。

13日付の韓国免税店協会の発表によると国内免税店は昨年1年で172億3817万ドル(約19兆2300億ウォン)の売り上げをおさめた。2017年(128億348万ドル)に比べて34%増え、史上最高値を記録した。中国の高高度ミサイル防衛体系(THAAD)報復により訪韓中国人が大きく減少するなど対外条件が良くない状況でおさめた成果だ。

売り上げ増加は中国人行商人が導いた。THAAD報復の影響で中国人団体観光客が急減した後、その穴を中国人行商人が埋め始めた。中国人行商人は大量に免税品を購入して中国で再販売し、20%前後のマージンを利益にするものと分かった。中国で人気のある韓国化粧品は中国現地では免税店購入価格の2倍を上回るためだ。ロッテ新羅など主な免税店の売り上げの約70%がタイグンによるものと業界は見ている。

中国人行商人に過度に依存したため、国内免税店の高速成長は不透明だという懸念も出ている。行商人などの小規模販売業者に税金を賦課する中国電子商取引法がことしから施行されたためだ。ソン・ジュンウォン新韓金融投資研究員は「ことし1月には中国人行商人による売り上げが昨年1月対比20~30%減少する可能性が高い」と予想した。