サムスン副会長、半導体社長団と訪米…アップルなどと供給拡大を議論か

  • 2015年2月27日

李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長

サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が半導体および電子系列会社の経営陣を率いて米国に出国した。アップルなど半導体の顧客に会い、供給拡大案を議論するという見方が出ている。

サムスンによると、李副会長は権五鉉(クォン・オヒョン)DS部門長(副会長)、全永鉉(チョン・ヨンヒョン)メモリー事業部長(社長)、全東守(チョン・ドンス)サムスンSDS社長、イ・インジョン無線事業部副社長など役員陣10余人とともに25日、専用機で米カリフォルニア・サンノゼに向かった。3月2日からスペイン・バルセロナで開催される情報技術(IT)展示会「MWC2015」出席の可能性も考えられたが、李副会長は米国行きを選択した。

サムスン電子はサンノゼに今年夏の完工を目標に大規模な半導体研究開発(R&D)センターを建設している。米シリコンバレー企業に対するM&A(企業の合併・買収)を担当するオープンイノベーションセンター(OIC)もある。カリフォルニアにはサムスン半導体の最大顧客の一つであるアップルをはじめ、マイクロソフト、オラクルなど取引先の本社がある。

李副会長がティム・クック・アップル最高経営責任者(CEO)に会うかどうかも関心事だ。李副会長は昨年7月、クックCEOに会い、両社間の訴訟中断とiPhone5Sまで中断していたサムスンのDRAMをiPhone6に供給することに合意した。サムスンはiPhone7用のアプリケーションプロセッサ(AP)単独供給者にも選ばれた状態だ。業界ではサムスンが20ナノ技術を前面に出し、DRAM供給量を過去より大幅に増やすという観測が出ている。