韓経:未来車に乗り換えるGM…韓国工場にまた構造調整説

  • 2018年11月28日

米ゼネラルモーターズ(GM)が工場7カ所を閉鎖または縮小し1万4700人ほどの人員削減を行う大規模構造調整計画を26日に発表した。セダン型乗用車など販売が振るわない一部モデルは生産を中断し、電気自動車や自動運転車など新技術分野に集中投資するためだ。7-9月期の売り上げが358億ドル(約4兆円)で前年同期より6.4%増加するなど業績は改善されたが、産業構造変化に備え先制対応に乗り出したのだ。

GMのメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は、「自動車産業が急変しており変化に適応しなければならない。乗用車部門の人材は縮小するが電気自動車、自動運転車関連の専門家とソフトウェア人材は継続して採用する」と話した。GMは高強度のコスト削減により来年末までに60億ドルを捻出し未来事業に投資することにした。今回の構造調整は金融危機の余波でGMが破産の危機に陥った2009年以降で最大規模だ。

GMは「インパラ」「ボルト」「クルーズ」など一部乗用車は生産を終了することにした。スポーツ多目的車(SUV)販売が急増したのに対しセダンの販売は急減しており、フォードとクライスラーも今年に入りセダン型乗用車の相当数の生産を中断した。

閉鎖・縮小対象の事業所はデトロイトのハムトラマック工場、オハイオ州ローズタウン工場など米国内4カ所の工場とカナダのオンタリオ州オシャワ工場など。減員対象人材は北米地域の事務職8100人と米国・カナダ工場の生産職労働者6000人など1万4700人ほどだ。

GMの構造調整計画は強い反発を受けている。トランプ米大統領は「良くない」とし、「GMは中国で自動車生産を中断しオハイオ州に新しい工場を開かなければならない」と話した。オシャワ工場の労組委員長は「労働者を食堂に家畜のように集めておいて1年後に雇用がなくなると言った」として不満を示した。

韓国の自動車業界は韓国GMが構造調整対象に含まれるのかに神経を尖らせている。GMは北米以外の工場のうちどこを閉鎖するのか公開しなかった。韓国GMのカハー・カゼム社長は「経営正常化の約束を履行するために多様な努力をしている。韓国GMは今後も継続して発展するだろう」というあいまいな反応を出した。

韓国GMは今年群山(クンサン)工場を閉鎖したのに続き、生産部門と研究開発部門を分離するなど構造調整を続けている。現在残っているのは富平(プピョン)工場と昌原(チャンウォン)工場だ。業界では昌原工場を閉鎖したり、富平第1・第2工場を統合する可能性があるとの見方が出ている。昌原工場で生産する「スパーク」と「ダマス」「ラボ」などは収益性が高くなく生産台数を減らすとの見方も提起されている。