韓経:活力を失った韓国産業団地…生産・輸出・稼働率すべて下落

  • 2018年11月9日

韓国の経済成長を牽引してきた国家産業団地が沈滞している。過去5年間、生産、輸出、稼働率など実績指標が一斉に落ちたという指摘だ。

韓国経済研究院は8日、報告書「国家産業団地実績分析」で、「国家産業団地の昨年の総生産は538兆ウォン(約54兆円)と、2012年(616兆ウォン)以降、年平均2.6%減少した」と発表した。1社あたりの生産額も同じ期間に129億5000万ウォンから108億5000万ウォンへと年平均3.5%減少した。国家産業団地内の業者は5年間に4万7553社から4万9633社へと2000社以上も増えたが、総生産規模は減少した。

韓国経済研究院の今回の報告書は、韓国産業団地公団の資料「主要国家産業団地産業動向」に基づき、2012年以降の国家産業団地の実績指標を分析した。調査対象は44カ所の国家産業団地のうち韓国産業団地公団が管理する32カ所。

輸出額も同じ期間、2294億ドルから1910億ドルへと年平均3.6%減少した。1社あたりの輸出額も482万ドルから385万ドルに減った。韓国の全体の輸出額が2012年の5479億ドルから昨年5737億ドルへと5%近く増加したのと対照的だ。

稼働率も落ちている。今年上半期、国家産業団地内の製造業者の平均稼働率は79.3%と、5年前の2012年(84.7%)より5.4%低下した。人員も減った。国家産業団地の6月基準の雇用人員は102万3000人だった。2015年(111万9000人)に比べ10万人近く減少した。

韓国経済研究院の関係者は「国家産業団地の業者が生産と輸出の減少で零細化している」とし「産業団地に活力を与える政策を急いで準備する必要がある」と述べた。