韓経:サムスンとNEC、5Gネットワーク装備で提携

  • 2018年10月22日

サムスン電子と日本のNECが第5世代(5G)移動通信分野で手を組んだ。

日本経済新聞は21日、サムスン電子とNECが5G無線通信用基地局装備開発と販売で提携すると報道した。高い周波数帯技術と装備はサムスン電子が、低い周波数帯はNECが担当して開発、販売する方式だ。両社は5G実用化が近い米国と日本市場を共同で開拓するという構想だ。

海外市場進出に失敗したNECはサムスンの海外供給網を利用でき、サムスン電子はNECとの提携を通じて日本市場進出の橋頭堡を用意できる双方にメリットのある協力だ。自動運転車と遠隔診療など5G技術を活用した新産業が本格的に開花するタイミングで、米国とオーストラリアなどで通信データセキュリティ問題が浮上し、ファーウェイをはじめとする中国製品の調達を制限しようとする動きが広がっている点も両社の提携に影響を及ぼしたと同紙は分析した。

5G移動通信サービスは米国の一部地域ですでに始まっており、日本では来年から段階的に導入される予定だ。