韓経:ドル高で外国人投資家5日間に1.7超ウォン売り越し…セルコリアの懸念

  • 2018年10月8日

外国人投資家が5取引日連続で売り攻勢に出て「セルコリア」の懸念が大きくなっている。米国の金利引き上げが加速化していることからドル高が深刻化しておりこうした流れが当分続くだろうという分析が出ている。

7日の韓国取引所によると、外国人投資家は先月28日から今月5日までの5取引日連続で売り優勢を継続した。この期間に有価証券とコスダック市場ではそれぞれ1兆3838億ウォンと2994億ウォンを売り越した。有価証券市場の代表銘柄であるサムスン電子がこの期間に外国人売り越し額3631億ウォンを記録するなど、情報技術(IT)、バイオ業種などの看板銘柄を集中的に売った。

マッコーリー投資信託運用のチョン・ギョンデ株式運用本部長は、「米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長のタカ派的発言と米国債金利上昇などの影響でドル高に火がついた」と説明した。

こうした流れは当分続くだろうという見通しが多い。メリッツ総合金融証券リサーチセンター長のイ・ギョンス氏は「為替相場が転じなければ外国人需給改善は期待しにくい。現在としては状況を変えるほどの変数は見られない」とした。