韓経:車椅子を利用するほどのMERS患者を放置した粗末な韓国防疫網

  • 2018年9月10日

今月8日、中東呼吸器症候群(MERS)確診判定を受けたAさん(61)は仁川(インチョン)国際空港から入国した後、隔離措置がないままサムスンソウル病院応急室を訪れた。Aさんが仁川空港で車椅子を要請して入国するほど体調が良くなかったことが分かり、1次防疫網である仁川空港検疫所がその機能を十分果たしていなかったことが指摘されている。

9日、韓国疾病管理本部によると、Aさんは7日午後4時51分、クウェートから仁川空港に入国した際に車椅子を要請し、これを利用して空港検疫カウンターを通過した。当時、Aさんの調査を行った検疫官は、患者の体温が36.3度とそれほど高くなかったため、「14日以内に発熱やせきなどの症状が出たら病院に行くように」という案内だけをして通過させていたことが分かった。隔離措置がないまま午後5時38分に仁川空港を出たAさんは、夫人と一緒にタクシーに乗って午後7時22分にサムスンソウル病院応急室を訪れた。

サムスンソウル病院はAさんをMERS疑い患者に分類して直ちに隔離措置をした。仁川空港検疫官が初期対応を十分にできなかったのではないかとの指摘が出ている背景だ。これについて、疾病管理本部関係者は「患者が10日前に6回ほど下痢をしたが、入国した当時は飲み薬もなく、症状がないと話した」とし「Aさんの返事に依存したところ、単なる下痢と判断せざるをえなかった」と釈明した。疾病管理本部はAさんが滞在していたクウェートをMERS発生国家に追加した。サムスンソウル病院はタクシーに乗って到着した患者を選別診療所で診察した後、すぐに陰圧病床に移して保健当局に申告した。2015年MERS事態の時と同じように、今回もサムスンソウル病院で一人目の患者を発見したのだ。この日、患者の診療を行った選別診療所と陰圧病床は、MERS事態後、病院が自主的に590億ウォン(58億円)を投じて設置した施設だ。サムスンソウル病院は、疾病管理本部が密接接触者に分類した医療スタッフ4人の他に保安要員1人と消毒要員3人を追加で隔離対象に自主的に含めた。

専門家は自主申告に依存する検疫システムの限界が表面化したと指摘した。翰林(ハンリム)大学聖心(ソンシム)病院感染内科のイ・ジェガプ教授は「高齢患者は機内放送を正しく聞くことができないか、文字案内に慣れていない」とし「彼らがはっきりと認知することができるように大きな文字でリーフレットを製作して配布するやり方も考える必要がある」と話した。

ただし、3年前と同じような大規模MERS感染事態が発生する可能性は高くないと分析した。Aさんが入国して病院まで移動する間に直接接触した人が多くなく、ウイルス伝播の主な原因であるせきの症状がひどくなかったという理由からだ。