韓経:【写真】韓国で初走行 運転手のいない「ゼロシャトル」

  • 2018年9月5日

4日、京畿道城南市板橋テクノバレーの路上を11人乗り自動運転ミニバス「ゼロシャトル」が走行している。

京畿道(キョンギド)が次世代融合技術研究院に依頼して製作した11人乗りの自動運転ミニバス「ゼロシャトル」が4日、城南市(ソンナムシ)板橋(パンギョ)テクノバレーの路上を走行している。この車両には運転席や加速・ブレーキペダルがない。

運転手の操作がなくても車両が自動で動く「レベル4」段階の自動運転車が国内の一般道路を走行したのは今回が初めて。