訪日したメルケル独首相「ドイツは過去を直視した」

  • 2015年3月10日

アンゲラ・メルケル独首相が9日、日本を訪問して過去の歴史に対する正しい解決を注文した。

メルケル首相は同日東京で行われた朝日新聞主催の講演で「ドイツは過去としっかり向き合った」と述べた。「戦後70年を迎えた日本が歴史問題をどのように克服しなければならないか」という質問に対する答えだ。ドイツが過去の過ちを認めて謝罪することによって周辺国との関係改善を成し遂げることができたという趣旨で、日本政府の過去の歴史清算を迂回的に強調したのだ。

メルケル首相は同日、安倍晋三首相との首脳会談直後に開いた記者会見でも「過去に対する総体的な整理は(戦争加害国と被害国間の)和解のための前提」と強調した。メルケル首相はまた、歴史問題をめぐる韓日中間の緊張状態について「歴史と経験は私たちに平和的な和解の手段を探るよう教えてくれている」とし「すべての努力を惜しまずに平和的な努力をする必要がある」と付け加えた。

一方、メルケル首相は同日、安倍首相と2時間余りにわたって首脳会談を行い、ウクライナ情勢や国連安全保障理事会常任理事国の拡大改編、対テロ対策などに対する共助方針を確認したと朝日新聞は伝えた。