韓経:世界株式市場が上昇も…韓国は例外

  • 2018年8月10日

下半期に入って主要国の株式市場は企業の実績好調を受けて上向いている。一方、韓国は景気失速と企業の実績不振が足かせになっている。

KOSPI(韓国総合株価指数)は4-6月期の実績が輪郭を表し始めた7月から今月8日まで1.1%下落した。この期間、コスダック(KOSDAQ)は4.3%落ちた。ブルームバーグによると、同じ期間に下落した主要国指数はKOSPI・コスダックと中国の上海総合指数(-1.9%)ほどだ。米国のダウ(5.4%)とナスダック(5.0%)をはじめ、仏CAC40(3.3%)、独DAX30(2.6%)、台湾加権(1.9%)、英FTSE100(1.8%)、日経225(1.3%)など主要国の株式市場は一斉に値上がりした。

KOSPIが相対的に振るわなかったのは▼中国本土の株式市場(上海総合指数)との同調化傾向▼産業構造上、米中貿易紛争が本格化すれば中国への中間財輸出が被害を受ける--などの懸念などが作用したという分析だ。

金融投資業界では根本的には昨年に比べて確実に落ちた韓国上場企業の実績魅力のため投資家が離れているという指摘が出ている。外国人投資家は今年1-7月の株式市場で3兆3889億ウォン分の株式を売った。

専門家らは上場企業が実績不振から抜け出せなければKOSPIがまた2011-2016年の「ボックスピ(ボックス圏+KOSPI)」時期に戻るしかないと述べた。