韓経:世界経済活況なのに韓国だけ不振…2008年の金融危機当時より悪い

  • 2018年8月1日

韓国の相当数の景気指標は2008年の米国発金融危機当時の水準、またはそれ以上に悪化した。10年前の危機は外から訪れたが、今回は先進国をはじめとする世界経済が活況を見せているという点でさらに大きな危機感を抱かせていると指摘される。

韓国の経済成長率は金融危機が起きた2008年10-12月期にマイナス3.3%と真っ逆さまに落ちた。その後2009年1-3月期が0.1%、4-6月期が1.5%、7-9月期が2.8%を記録し回復傾向に転じた。しかし昨年10-12月期にはマイナス0.2%で9年ぶりにマイナス成長を記録した。今年1-3月期は1.0%の成長に戻ったが、4-6月期は再び0.7%と0%台に落ちた。

失業率は金融危機当時よりさらに悪化した。失業率は2008年に3.2%、2009年に3.6%だったが、今年6月基準では3.7%まで上がった。15~29歳の青年失業率はさらに深刻だ。2008年に7.1%、2009年に8.0%だった青年失業率は今年6月には9.0%まで上昇した。

すべての指標が悪くなったのではない。外貨準備高は増えた。2008年6月に2581億ドル規模だった外貨準備高は危機対応により2009年6月には2317億ドルまで減ったが、その後は増え続け今年6月には4003億ドルを記録した。

しかし多くの専門家は外部衝撃より内部的要因で景気が急降下しているという点を深刻に見ている。統計庁の景気循環時計(上昇→鈍化→下降→回復)を見ると2009年5月には主要10指標のうち就業者数を除いた9指標が回復または上昇局面にあった。これとは反対に今年5月基準では鉱工業生産を除いた9指標が鈍化または下降局面にある。

それでも韓国政府は継続して「経済に問題はない」としていたが、7月に入り今年の経済成長率目標値を3.0%から2.9%に下方修正した。国民経済諮問会議のキム・グァンドゥ副議長は最近フェイスブックに「火事が起こってから火を消そうとするのは愚かだ。経済政策は事後の処方より構造と流れを分析し事前に対応することが常識」と指摘した。