韓経:ドンキをベンチマーキングした韓国のピエロショッピング、大人気で入場制限まで

  • 2018年7月10日

新世界イーマートはよろず屋をコンセプトにした「ピエロショッピング」1号店が先月28日のオープンから11日で累積訪問客11万人を超えたと9日に発表した。

ソウル・三成洞(サムソンドン)スターフィールドCOEXモール地下1~2階にオープンしたピエロショッピング1号店には入場するための長い列ができるほど人々が集まっている。イーマートによると、オープン後最初の週末となった先月30日には入場待ちの列が150メートルまで続いた。安全事故を懸念しピエロショッピング側は入場制限時間を設けたりもした。

ピエロショッピングは日本のドン・キホーテをベンチマーキングしてイーマートが出した新しいタイプの専門店だ。複雑に売り場を構成し、「宝探し」をするように商品を探して自由に触り使ってみられるようにした。

20~30代の若い消費者から特に大きな反応を得ている。イーマートが10日間に同店で新世界ポイントカードを使ったデータを分析した結果、20代と30代の割合がそれぞれ17.3%と36.8%で半分以上を占めた。

ピエロショッピングは年内にソウル・東大門(トンデムン)のドゥータモールに2号店をオープンする。