韓経:OLEDまで…中国に追い上げられる韓国

  • 2018年6月8日

中国ディスプレー企業CSOTは昨年11月、中国深センで第10.5世代LCD工場の一部の施設の上棟式を行った。(CSOT提供)

中国2位のディスプレー企業CSOTが2021年からテレビ用OLED(有機発光ダイオード)を中国で初めて生産する計画を明らかにした。基板が大きいほど生産難度が高まるディスプレー産業で最も大きい第10.5世代(2940ミリx3370ミリ)パネルを生産する。量産の時期もLGディスプレイの京畿道坡州(パジュ)P10工場とほとんど差がない。中国が生産規模だけでなく技術面でも韓国企業を追い上げてきたという傍証だ。

◆「打倒韓国」、CSOTの今後

7日の海外メディアによると、CSOTは最近、投資家を集めた席で、テレビ用OLED生産計画を具体的に明らかにした。生産は2016年11月に着工した深セン工場でする予定だ。ここでは来年から月9万枚の第10.5世代LCD(液晶表示装置)パネルを生産する予定だった。CSOTはこの一部の設備をOLED用に転換し、第10.5世代OLEDパネルを月2万枚生産するという計画だ。

中国ディスプレー業界は2010年代半ばからOLEDに注力してきた。韓国のLGディスプレイがテレビ用OLED、サムスンディスプレイがスマートフォン用OLED市場を事実上独占してきたのを意識してのことだ。中国最大のディスプレー企業BOEの成都工場など量産が本格化しているが、すべてスマートフォン用OLEDの第6世代(1500ミリx1850ミリ)工場だ。中国企業の天馬が量産時期を2回延期するなど、ほとんどの企業は第6世代工場の稼働にもかかわらず順調には進まず、中国のテレビ用大型OLEDパネルの生産は遠い未来のことと考えられてきた。

2013年からテレビ用OLEDパネルを生産してきたLGディスプレイは坡州で第8.5世代(2250ミリx2500ミリ)のパネルを生産している。第10.5世代OLEDパネルの量産は2021年の予定で、CSOTとほぼ同じ時期だ。LCDパネルの生産量は昨年7-9月期からBOEに遅れを取った。CSOTが計画通りに第10.5世代OLEDパネルの量産に入れば、量と質で韓国ディスプレー産業に追いつく。中国政府がLGディスプレイ広州OLED工場を承認する条件としてOLED技術の移転を要求したのも、CSOTなどを支援するためという分析も出ている。

◆自信の背景は

OLEDはLCDと比較して量産が難しい品目と見なされている。工程が標準化されているLCDとは違い、各社が異なる技術を適用するうえ、有機物のOLED粒子をパネルに付着して安定させるのに相当なノウハウが求められるからだ。

CSOTはOLED粒子の蒸着にインクジェット技法を導入し、LGディスプレイとの技術の差を逆転させる戦略を立てている。今までは大きな板に微細な穴をあけてOLED素材を流す形でOLED粒子を付着させてきた。穴ごとに均一にOLEDをかぶせるには相当な試行錯誤が必要となる。CSOTはインクジェットプリンタのようにOLED粒子を噴射して蒸着させる計画だ。すでにカティーバ、住友化学、メルク、デュポンなど関連装備および素材企業と共同で技術を開発している。第4.5世代試験ラインを構築し、実際に量産の可能性も検証している。第10.5世代OLED生産計画の発表は、こうした技術の適用に相当な自信があるという意味と解釈される。

ディスプレー業界ではCSOTの計画実現の可能性に懐疑的な見方も少なくない。ある関係者は「インクジェット技法は韓国企業も試しているが、まだ成功したところがない」とし「中国企業が第10.5世代OLEDパネルを製作できるとは信じがたい」と話した。

中央政府が個別企業に対する支援を決める中国で各種の恩恵を先に得るための布石という分析もある。半導体やディスプレーなど先端業種で中国政府は上位1、2社に支援を集中する傾向が強まっている。LCDとスマートフォン用OLEDでBOEに遅れをとったCSOTが、政府の支援を受けるために実際には実現の可能性が低い青写真を先に提示したということだ。