新たなビジネス探るサムスン電子…B2B事業・SW競争力を強化

  • 2015年3月18日

新たなビジネスモデルを探るためのサムスン電子の動きが速まっている。一般消費者を対象とした取り引きより、安定した収益を上げることができる企業間取引(B2B)事業を拡大し、サムスン主導のビジネス生態系(プラットホーム)を構築する一方、ソフトウエア(SW)競争力を育てるために資源と人材を集中投資している。サムスンの実質的リーダーである李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長がこのような変化を牽引している。

サムスンの変化は16日(現地時間)、ドイツ・ハノーファーで開かれた情報通信博覧会「CeBIT 2015」でもはっきりと現れていた。サムスン電子は今回の展示会で企業対象の「モノのインターネット(IoT)」ソリューションを初公開し、初のB2Bブランドとして「サムスン・ビジネス」を掲げた。

サムスンの体質改善の動きは、昨年スマートフォン事業の不振により通貨危機以降初めて売上げと営業利益が逆成長し、新たな成長戦略を探さなければならないという危機感からスタートした。

昨年5月以降、サムスンを率いている李副会長はアップルやマイクロソフト(MS)等のグローバル企業最高経営責任者(CEO)と相次いで会い、サムスンの未来を担うビジネスを探るための大きな構想を練っている。この過程で閉鎖的な企業文化を捨てて買収合併(M&A)等の開放型革新に乗り出している。

西江(ソガン)大電子工学科のチョン・オクヒョン教授は「サムスン電子がもう一段階成長するにはハードウエアや部品のように既に得意としている分野の他に、ソフトウエアやB2B事業を育成していかなくてはならない」と強調した。